探してみます。。

 先日、お客様から電話で「焼き付け塗装はやっていますか?」とお問い合わせをいただきました。よく他の工場さんのPRで「焼き付け塗装」と銘打った文字を見かけます。弊社の塗装ブースは80℃まで室内の温度をあげるバーナーを採用していますが、これは焼き付け塗装とは程遠い温度です。以前、弊社が大和市にあったころに何やら変わった工場があったのを覚えています。扉は重い鉄製で床はホコリがたたないように全面にグレーチィングで下には水が循環していました。そして、フェンダーやドア、ボンネンットをかけられるフックがありこれが部屋の中央の天井から吊るされいるレールに取り付けてありました。そして、全身を宇宙服みたいな作業衣を着た社員さんが吊るされたパーツを塗装し、レールの先にある乾燥炉にパーツを入れていました。その乾燥炉は200~300℃くらいまで温度が上がっていたと思います。そして、焼き付け乾燥後は反対側にパーツになった温度を下げるための装置がありました。これは冷水が循環して熱くなったパーツを冷やしていたと記憶しています。今、このような本格的な焼き付け塗装が出来る事業所さんはあるのでしょうか?探してみたいと思っています^^

コメントを残す